走るのは気持ちいい!

By wbs, 2015年10月21日

Pocket

紀の国わかやま大会まで、あと3日。
大会に出場する選手がスタジオへ。

DSC_1655-001

陸上50メートルとソフトボール投げに出場の、鈴木敏美(すずき・としみ)さん。
普段は、和歌山盲学校理療専門部の先生で、野球部の監督もされています。

もともとスポーツ(特に球技など)が好きだった鈴木さんは35年前に障害者スポーツと出会い、1982年の第3回極東・南太平洋身体障害者スポーツ大会(フェスピック)の高跳で金、幅跳で銀メダルを獲得、3年前の障害者スポーツ大会では陸上50メートルとソフトボール投げで金メダルを獲得しています。

「紀三井寺のトラックはいい感触。走っている瞬間は気持ちよくて、ゴールしたいような、まだ走っていたいような気持ちになる」と鈴木さん。
今大会では自己ベスト更新を目指しているとのこと。応援しています。

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です