特別な空気感


秋篠宮ご夫妻が高野山をご訪問。2日目は、伽藍や奥の院を視察、開創1200年記念大法会を締めくくる結願法会に臨席された。
DSC00830-001
お二人がつくる空間は特別な空気感がある。そこにいた大勢の参拝客らもきっと同じ思いだったに違いない。

宮さまは「記念すべき年に高野山を訪問し、結願法会に出席できたことは大きな喜び」と話され、「弘法大師が高野山の地に修禅の道場を開かれたのは、国の安寧と人々の幸福のために祈り、そのための僧侶を育成するためだったと承知している」とされ、「この記念すべき大法会の結願にあたり、大師の願いが現在も忘れられることなく、人々の心の中に生き続けていることに敬意を表するとともに、その教えが広く理解と共感を得て、世界の平和と人々の安寧のために寄与することを願う」と大法会に寄せたお言葉を述べられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です