駿河屋、ふたたび。

By wbs, 2015年3月24日

Pocket

和歌山市駿河町で、きょう(24日)正午、歴史が再び動き出した。総本家駿河屋・駿河町本舗開店。
チーム「ちょくダネ。」総力取材…というか、うれしいから見に行った感が強い。
正午を前に約200人にもなった行列。開店後も列は伸びる勢い。
DSC01114-001
まずは、のれんが掛けられ、シャッターが開き、10か月ぶりに店が開いた。
DSC01104-001
岡本新社長が「お待たせしました」とあいさつ。
「いらっしゃいませ」と、お客さん一人ひとりを出迎えた。
IMGP2070-001

午前中の内覧会はもちろん、開店後も店内で定番の煉羊羹や新商品の花つむじの試食ができた。
DSC01072-001
DSC01107-002

そしてスタジオにもたくさんの商品が…。
IMGP2079-002

営業時間は、午前9時から午後6時で、日曜が定休日。ただし、次の日曜(3月29日)は店を開けるという。
和歌山放送ニュース「総本家駿河屋、駿河町で新たにスタート」

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です