馬にまたがり日本縦断


在来馬(ざいらいば)って知ってます?原産はモンゴル(らしい)ながら、日本各地で、他地域の馬と交配せずに独自に繁殖をしてきた馬で、現存8地域8種類。残念ながら和歌山在来馬はない。この在来馬が絶滅の危機に瀕している―その現状を伝えたい―と、和歌山市出身の北海道大学獣医学部6年の山川晃平(やまかわ・こうへい)さん24歳が、今月30日に札幌を出発する。

DSC09894
その山川さんが、出発を前に里帰りしているというので、直撃。地元の祭りを盛り上げるべく青年部副部長もやっているという。なぜに、着流し?そんなことを思いつつ…。

馬で旅したいという漠然とした夢を現実のものとし、その準備段階で知った在来馬の危機的な現状もぜひ伝えたいという山川さん。

半年かけて、沖縄・与那国島まで3500kmの旅をするそうで、12月には和歌山に立ち寄り、しばし休憩するらしい。それはともかく、ちょくダネ。では、リスナーとともに応援したいと伝え、時々、近況を聞かせて、とお願いしてきた。

山川さんは随時ブログで情報を発信するという。ブログはこちら「馬と日本縦断」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です