鷲ヶ峰の風車、撤去へ

Pocket

有田川町(旧吉備町)の鷲ヶ峰(わしがみね)コスモスパーク(標高586.2m)にある風力発電用の白い風車が9月上旬に撤去される。

DSC09592

という訳で、久々に登ってみた。有田川流域から周囲の山々、北は和歌山市を飛び越えて和泉山脈も、西側は紀伊水道を越えて四国まで、360度のパノラマは絶景だった。

DSC09553

コスモスパークの名の通り、コスモスが咲き始めていた(見ごろはまだ遠く、9月下旬以降)。そこにあるシンボル的存在の風力発電設備(支柱の高さ36.6m)がまもなくなくなる。役場で聞けば、1年半ほど前から故障していて動いていないという。

DSC09571

…という話だったが、登ってみると動いていた。「コスモスと風の館(やかた)」の管理人に聞くと、「動かない風車はどうなの?」ということで、今は、逆に電気を送って回しているらしい。なんのこっちゃ。

DSC09594

この風車は2000年5月の稼働。県内で最初にできた風力発電機。当時と現在の大きな違いは、景色。近くの長峰山脈にも、有田川をはさんだ白馬山脈にも多くの風車(風力発電設備)が並んでいること。

DSC09596

発電能力が、現在の主流のものに比べかなり小規模ということもあり、役割を終えた感はある。だが、風車が間近に立つ公園は貴重で惜しい気持ちはぬぐえない。これからのシーズンは、見通せる有田川河口に夕日が沈む季節という。

DSC09608

撤去工事は公園への入場を禁止にして9月8日~13日(悪天候の場合は10月に延期されるらしい)の予定というから、風車のある絶景を見ておきたい、撮影したい人は急ぐように。

和歌山放送ニュースも参照ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です