エーゲ海のような

2014年5月19日

紀州くんが送ってくれた17日(土曜日)の朝日に照らされた雑賀崎漁港(和歌山市)だそうです。「雑賀崎」と言っているのに、「海外ですか」と思わず口にした寺門アナに同感の人も多いはず。見たことがない景色…で

衣美のファッションチェック

2014年5月19日

だそうです。

北山カヌー競技会場で

2014年5月16日

新宮支局の引本さんです。ここは、北山村。リハーサル国体の会場。18日の競技を前に、スタッフとして泊まり込み。この日は設営だったとか。 スラローム競技について教えてもらった。

ツーギーちゃん!?

2014年5月15日

広川町津木(つぎ)だからツーギー谷。花いっぱいの花畑には、ツーギーちゃんファミリー(?)とストローベイルハウスがある。 入場無料で、誰でも入れますが、入口のゲートは自分で開ける。 花いっぱい。ウグイス

みかんの花香

2014年5月15日

ジャスミンの香りに似ている…と、中川アナ。

あと500日

2014年5月14日

第70回国民体育大会=紀の国わかやま国体は、来年(2015年)9月26日開幕。

暑い日は涼しげな花を

2014年5月13日

和歌山市西浜の養翠園。カキツバタ咲いてます。 隣の赤いのはシラン

今年、初半袖だぞ。

2014年5月13日

暑い日だった。初半袖というので、自慢のボディラインを…と笠野アナにお願いしたらこんなポーズ。

県庁発国体最前線はじまる

2014年5月12日

輝け!アスリートの特別版として、国体の最新情報を和歌山県庁の各課の皆さんに交代で出演してもらい国体の最新情報、準備状況などを聞く。きょうからスタート、毎月第2月曜の午後5時50分からの10分間。 今回

和歌祭日和の日曜日

2014年5月11日

朝から青空が広がった和歌山市。陽射しはあるが、風もあり、まさに祭り日和の日曜日。 神輿おろしは勇壮に、渡御行列は華麗に、和歌祭が盛大に行われた。

舞姫は踊らなきゃねぇー

2014年5月8日

和歌祭の渡御行列のうち、きょうは舞姫をご紹介。かつて、着物を着て歩くだけだったが、ある年、観客から「舞わへんねんなぁー」と言われたことをきっかけに、「そうよねー」と踊るようになったという和歌の浦・木村

ゴーヤーの日

2014年5月8日

きょうはゴーヤーの日。ということで、寺門アナがゴーヤーチップスを買ってきた。苦みが活きている。うまいね。

本来の和歌祭への道

2014年5月7日

和歌祭研究と演目復活、資料展示などを続ける和歌山大学・紀州経済史文化史研究所の吉村旭輝(よしむら・てるき)特任准教授に、番組に生出演していただきました。

新実行委員長、中山さん

2014年5月6日

やっぱり和歌祭やっしょ…の和歌祭は次の日曜11日。シリーズ2日目のきょうは新しく和歌祭の実行委員長になった中山豊若さん(中山建設常務)。 自身のことを生粋の和歌浦っ子といい、このころになると、和歌祭の

季節の植え込み

2014年5月6日

南海和歌山市駅にも近い、和歌山市宇治交差点、南西側の分離帯。 この季節の植え込みは、なんとラベンダー!?

グランフロントの刺激

2014年5月6日

開業1周年を迎えたグランフロント大阪。 GW期間中は、リボンでできたキティちゃんの巨大なアート作品が登場。常に刺激があるって「癖」になるんだな~、と笠野。